このページのトップへ
ホーム » 施工例 » 新座市 防草シート工

新座市 防草シート工

施工後
県道沿いの法面へ、防草シートを施工しました。
上の写真は施工後です。


施工前
先月の中旬に施工しましたが、放っておくと生命力溢れる雑草たちがずんずん伸びてきます。
そうならないうちに、先手を打ちます!


除草剤散布中

防草シートを施工する前に、除草剤を散布していきます。

防草シートをピンと専用の接着剤、テープを使い、固定していきます。
ちなみに今回は【ザバーン240】という防草シートを使用しました。
シート固定中
逆側から見た施工後
しっかり施工することが出来ました!

法面の草刈りは手間もかかりますし、何より歩道や車道のすぐ横なので、手入れの度に道を塞がないといけない。。

この防草シートがあれば、雑草を防げるので、横を利用される歩行者の方にも、快適に通行していただけるのでは無いかと思います。



【2020年4月 追記】
少しだけ補足させてください。
最近別の場所の防草シート(同じく法面施工で、施工は他社)に、重りが設置されているものを見つけました。
どうやら法面は、平面より風の入り込みが多いようで、地面とシートの間に風が入り、固定ピンを押し上げてしまったらしく、なるべく風が入らないよう、土嚢で抑えているようなのです。

それを社長に伝えたら、弊社の施工に関して、補足説明をしてくれました。

まず、使用する固定ピンですが、上部と横の端に関しては、通常の倍の数を使用しています。
また、下部に関しては、擁壁際すぐ近くに固定ピンを施工します。シートの端部にあたる擁壁へは専用のテープで固定するのですが、ここでも、まず擁壁に付着している汚れをブラシで落として、砂や土、小石を極力除去してから、テープを貼り、尚且つゴムハンマーで上から叩いて、圧着させているという事でした。


2020年4月時点
現場は会社の近くなので、2020年4月現在の写真を撮りに行きました!
多少浮いてきている固定ピンもありますが、概ね不具合もなく、良い状態をキープ出来ていると思います♪


シート端部のテープ留めのアップ画像
テープも剥がれることなく、しっかりと固定できています♪

固定ピン倍量箇所
上の方の部分もアップで撮りました。
かなり狭い間隔で、固定ピンが施工されています。
これなら、端から風が入り込みにくく、固定ピンも浮きにくいですね!


エクステリア・造園 設計/施工
庭木のメンテナンス

中川造園土木株式会社

〒352-0004
埼玉県新座市大和田
4-18-6
TEL:048-479-5909
FAX:048-481-8567
採用情報
スタッフ募集中です
詳しくはこちらから
※協力会社様も募集中

施工エリア
施工エリア
■埼玉県
新座市、朝霞市、志木市、和光市、所沢市、入間郡三芳町
■東京都
練馬区、板橋区、豊島区、清瀬市、西東京市、東久留米市

○その他地域にお住まいの方もお気軽にご相談ください。